女性 ひげ対策 ノイス NOISU

肌の上に黒い産毛があると、肌がどんなにきれいでも暗くなってしまい、くすんで見えてしまいます。
カミソリで産毛をそる行為は、お肌のためにはNG!
でも、一番即効性があり、手軽な方法でもあります。
どうしても・・・カミソリで顔の産毛やひげをそる際には、お肌に負担をかけないようにしましょう。

頻度

産毛の濃さ、そして伸びる速度は人それぞれ異なります。
産毛を剃るときに角質も一緒に削れるので、肌トラブルのもとになります。
産毛が濃く、伸びるのが早いという人でも、1週間に一度くらいのお手入れがベストです。

 

カミソリの種類は?

使いやすいのはT字カミソリです。
顔用の小さいものは、細かいところも剃りやすく、間違って肌を切ってしまうことも少なく、すすめです
肌が敏感な人は、女性用の電動シェーバーもおすすめです。

 

石鹸の泡はNG!

カミソリ=石鹸の泡と思いがちですが、実はやめた方がよい方法です。
石鹸は、皮脂を落としてしまうので乾燥するだけでなく、角質もはがれやすくなってしまいます。
乳液やクリームを塗って、肌を保護しながら剃るのがおすすめです

 

産毛の剃り方

肌を傷めないために、毛の生えている向きに沿って剃りましょう。
顔の産毛は顔の中央から外へ向かって生えているので、カミソリも内から外、上から下へ動かします。
流れに逆らって剃ると、より角質が削れやすくなってしまいます。

 

産毛を剃った後の保湿は忘れずに!

産毛を剃ったあとは、いつも以上にしっかり保湿を心がけるようにしましょう。
クリームを多めに塗って保護するのが基本。
また、シートマスクは、肌を鎮静化させ、角質を削ってしまった部分にたっぷり潤いを補給できるので、肌ダメージを最小限に抑えることができるので、おすすめです。